よい輸送会社の選び方

輸送会社は日本全国に約6万3,000社あるといわれ、
どの輸送会社を選べばいいの? と迷ってしまうのも当然です。

輸送会社選びで迷っている方のために、
「正しい輸送会社の選び方」について
分かりやすく解説いたします。

1あなたが重視する輸送会社の基準とはなんでしょうか?

  • 値段が安い?
  • メール、電話の対応がいい?
  • 仕事ができるドライバー?
  • 対応のいいドライバー?
  • きれいなトラックで運んでくれる?

もちろん、ひとつひとつの基準を満たす輸送会社はあるとは思いますが、すべてを兼ね備えた輸送会社を探すのはなかなか難しいのが現実です。現在、日本には63,000社の輸送会社があり、約80%の50,000社は、トラックの保有台数が20台以下の中小輸送会社と言われています

2大手の輸送会社に頼んでも実は中小の輸送会社が
下請けとして対応することも

輸送会社というと、テレビでCMもしている会社や大手宅配便の会社を想像される方は多いと思いますが、実際の日本の物流・輸送は、大手の輸送会社ではなく、中小輸送会社に支えられているのが現状です。

たとえば、大手の輸送会社に輸送を依頼した場合、大手の輸送会社は、自分の会社のトラックでは運ばずに、下請け、孫請けの輸送会社に輸送を担当させるということはよくあります。

依頼するのは大手の輸送会社なので、メール・電話の対応はいいのですが、輸送費は高くなる場合があります。

ただ、実際に荷物を運んでいるのは中小の輸送会社です。この場合でも、大手の輸送会社のマークが入ったトラックで、大手の輸送会社の制服をドライバーが着ている場合もあります。


3中小の輸送会社への依頼がベスト!

きれいなトラック + 対応のいいドライバー + 仕事ができるドライバー

中小の輸送会社はこのような特徴をもっているのですが、トラック保有台数20台以下の中小の輸送会社では、大手のような営業力もなく、大手輸送会社の下請け、孫請けを担当している会社が多いのが実情です。

トラック保有台数20台以下の輸送会社ですと、トラックドライバーがメール、電話の対応をしている会社もあり、メール、電話の対応は大手のような教育されたカスタマーセンターのようにはいかないかもしれません。

ただ、中小の輸送会社に直接、輸送の依頼をすれば、以下の対応が可能な場合も、数多くあります。

きれいなトラック + 対応のいいドライバー + 仕事ができるドライバー + 輸送費が安い!

4たくさんある中小輸送会社。どこを選ぶべき?

中小の輸送会社を選べばいいのは分かったけど、
中小の輸送会社はたくさんあってどこを選べばいいかわからない
そこで、『輸送費見積もり.com』

インターネットの検索ではなかなか見つからない中小の輸送会社と荷物を運んでほしいお客さまを結ぶネットワークがこの『輸送費見積もり.com』です。『輸送費見積もり.com』では、大手の輸送会社も登録されていますし、料金もサービスもさまざまな輸送会社があります。

対応のいい中小の輸送会社もあるでしょうし、トラックは古いけど仕事はできる、仕事はできるけど無愛想なドライバー、もいるかもしれません。『輸送費見積もり.com』での一括見積もり依頼は【無料】です。さらに会社名または個人名を公開しないで【匿名】で依頼できます。入力時間はわずか【3分】です。

いろいろな輸送会社からのメールや見積もりをご覧いただき、各社の輸送費(運賃)を比較して、みなさんのニーズにあった「よい輸送会社」をぜひお選びいただければと思います。

を選ぶ方法

良い船会社あなたのニーズに合った良い船会社を選ぶことはあなたが1つを選ぶときにあなたが必要とする非常に多くの要因があるので難しいかもしれません。そして、あなたはそこにある多くの怪しげな会社にだまされないようにしようとしています。 

また、現在日本には63,000社を超える海運会社が多いため、海運会社を選ぶのは難しいと考えられています。 

でも、もう心配する必要はありません。ここゆうそひみつもりでは、素晴らしい体験ができるように、適切な運送会社を選ぶお手伝いをしたいと思っています。私たちはあなたがそこにある会社から最高の見積もりを見つけるのを手伝うことができます。また、わかりやすい方法で学習できるので、理解する必要もありません。

あなたが大切にしている海運会社の基準は何ですか?

標準の海運会社を選ぶ前に、以下の質問を自問して、彼らが提供するサービスが一流であることを確認する必要があります。これにより、どの会社を選択するかを決めることができます。 

これがあなたが船会社に尋ねるか、探す必要があるであろう質問です。 

  • 価格は安いですか?
  • メールや電話に応答するのは良いですか?
  • 働くことができるドライバー?
  • 良いドライバー?
  • きれいなトラックで運んでくれませんか?

そこにある海運会社はすべて独自の基準を持っていますが、実際には、すべてを持っている運送会社を見つけるのは非常に困難です。現在、日本には63,000の運送会社があり、顧客に提供するプロモーションやサービスの種類が異なる場合があります。 

また、その数のすべて、50,000社の約80%が、トラックが20台以下の中小輸送会社であると言われていることを覚えておく必要があります。

大手運送会社に聞いても、中小運送会社は下請けとして扱うことができ

ます。海運会社や運送会社を考えるときは、常にビジネスの主要企業のような人気のある会社を考えてください。しかし、有名な大企業を選ぶか、小さな宅配便を選ぶかはほとんど同じなので、どの会社を選ぶかは問題ではないことを覚えておく必要があります。 

また、大企業が中小企業と契約して、荷物が確実に受取人に届けられるようにすることもあります。他の事業を下請けするよりもできることや節約できることがたくさんあるので、これは海運業や輸送業ではかなり一般的です。 

これは、いくつかの主要な海運会社がさまざまなタスクを実行するために多くの人的資源を使用しないため、低料金の背後にある理由のほとんどです。これにより、中小企業に優れた顧客サービスと仕事を提供しながら、送料と人件費を大幅に削減できます。 

しかし、これらの中小企業のドライバーの中には、大手運送会社のユニフォームをロゴ付きでトラックに着ている人がいるかもしれません。これは、下請け業者がどの会社であるかを判断し、混乱を避けるのに役立ちます。

中小運送会社への最適なリクエスト

優れたサービスを確実に受けられるようにするには、以下のリストの組み合わせを覚えておく必要があります。 

運送会社で探す必要があるものは次のとおりです。 

クリーントラック+応答性の高いドライバー+働くことができるドライバー。

中小の運送会社はすべてこれらの特徴を持っていることを覚えておく必要があります。また、大手運送会社の営業力を持たず、大手運送会社の下請け・下請けを担当するトラックが20台以下のトラックもある。

そして、それらの会社のいくつかは、仕事にふさわしい人材がいないため、優れたカスタマーサービスを提供していません。ただし、中小海運会社に直接輸送を依頼することで、以下のような対策がとれる場合が多い。

いつでもお手伝いできる中小運送会社ます

がたくさんあり「中小運送会社がたくさんあり、どこを選べばいいのかわかりません」。ユソウヒミツモリのサービスをご利用いただけますので、ご安心ください。 

Yusouhi-Mitsumoriは、インターネットで検索するのが難しい中小運送会社をつなぐネットワークです。私たちは、より安い配送方法を望んでいるパッケージを運びたいさまざまなタイプの顧客を支援します。 

また、当社のWebサイトには、より大きなパッケージの主要な海運会社が登録されており、さまざまな価格とサービスを提供している海運会社もあります。中小の運送会社の対応を気にする必要はありません。彼らはあなたが素晴らしいサービスを提供するのに十分な反応を示すと確信しており、私たちは不親切なドライバーを持っていません。 

必要に応じて、当社のWebサイトでばら積み貨物の見積もりを見つけることもできます。また、会社名や個人名を開示せずに匿名でリクエストすることができます。このプロセスは、見積もりを取得するまでに数分しかかかりません。 

貴重な時間を無駄にしたくないので、直接メールで送信されるため、見積もりを求める人は誰もいません。受信するメールには、さまざまな運送会社からのさまざまな見積もりが含まれています。各会社の送料を比較してください。 

ウェブサイトの配送の使用方法ウェブサイトの使用方法

についてまだ混乱している場合は、記事のこの部分で、煩わしさを軽減するためにウェブサイトを教えます。 

ステップ1

あなたは私たちがここに私たちのウェブサイトに持っているさまざまな会社から見積もりを得る必要があります。登録は無料なので、このサービスに多額の費用をかけることを心配する必要はありません。プロセスを完了するのにほんの数分しかかかりません。 

ステップ2

登録後、メールで無料見積もりを受け取ります。あなたはあなたがあなたのお金の全額を手に入れることを確実にするために彼らが提供する異なる価格とサービスを徹底的に比較する必要があります。 

ステップ3

受け取ったすべての見積もりを調べ、読み、徹底的に分析した後、配送プロセスを開始できるように、配送会社を決定する必要があります。あなたが選ぶ会社はあなたが必要とするサービスを持っているべきです。パッケージの発送に興味がある場合は、パッケージを慎重に包装する方法について説明するので、読み続ける必要があります。 

パッケージの梱包方法:重要なヒントと実践

パッケージの損傷を防ぐために慎重に包装する必要があるため、パッケージの準備が商品の発送の最も難しい部分である場合があります。そして今日、多くの宅配便がすぐにそれを処理します。 

しかし、あなたの宅配便がこの種のサービスを持っていない場合はどうなりますか?そのため、以下のヒントを使用してパッケージを準備する方法をご案内します。 

何を送っ

ているのかを知るあなたは、素敵なナイキのペアよりも高価なものがあることを知る必要があるので、何を送るのかを知る必要があります。あなたがアイテムを出荷するたびに、あなたが送るパッケージが大きくて重いことを覚えておく必要があります、それはより高価になるでしょう。そのため、ボウリングボウルの価格はiPhoneXの送料よりも高くなります。 

適切なボックスを使用する

何かを送る場合は、多額の費用がかかる可能性があるため、パッケージに適切なボックスを選択する必要があります。小さな箱は、特にそのようなサイズしか必要としない場合は、パッケージを傷つけることはありません。 

オーバーパックしないでオーバーパック

くださいボックスをすると、梱包するのにはるかに高価で大きなボックスが必要になり、それを行うだけでも多額の費用がかかります。使い古したシャツや汚れたぼろきれでいっぱいのパッケージに大きな値札が表示されていると、ショックを受けます。 

同時に大量の箱を送る場合、運送会社が顧客にプロモーションを提供することがあるため、複数の箱に分割することができます。

送るものを小さく

するパッケージが最初から箱を必要としない場合は、そうしないでください。大きな封筒やプチプチを手に入れて安全に保管するだけで、費用を削減することもできます。マニラの大きな封筒やプラスチック製の封筒でシャツを送ることもできます。箱から送るのと変わらないことがわかります。この記事を読んでいただきありがとうございます。これが、次のパッケージに適した運送会社を選択する方法を理解するのに役立つことを願っています。